【男の簡単料理】料理研究家リュウジさんの『至高のハンバーグ』を作ってみた

スポンサーリンク
料理

どうです、おいしそうでしょ?

バーグ作りましたよ、バーグ

あ、でもね、↑の画像は拾いです

はいはい、がっかりしなーい。
露骨に顔に出すと傷つくよー。『人にやさしく』ってヒロっちゃんも言ってるからねー。
甲本さんとこの。
味は間違いないんだから。なんたって、リュウジさんのレシピだからね!

レシピを忠実に再現できれば、ゼッテー旨ぇはず

後は落ち着いて、焦らず作るだけ。
自分を信じ、リュウジさんを信じれば
おのずと結果はついてくる

でな感じでレッツ、クッキング!

スポンサーリンク

リュウジさんの『至高のハンバーグ』 材料(150gのバーグ×2)

  • 牛豚合挽き肉・・・・・300g
  • 玉ネギ・・・・・・・・1/2玉
  • バター・・・・・・・・10g
  • 塩(玉ネギ用)・・・・少々
  • 卵・・・・・・・・・・1個・・・・・①
  • 牛脂・・・・・・・・・2個・・・・・①
  • パン粉・・・・・・・・大さじ4・・・①
  • 水・・・・・・・・・・大さじ3・・・①
  • コンソメ・・・・・・・小さじ2/3 ・①
  • 粉ゼラチン・・・・・・小さじ2・・・①
  • 塩(挽き肉用)・・・・少々・・・・・①
  • 黒胡椒・・・・・・・・少々・・・・・①
  • サラダ油・・・・・・・少々

ソース

  • 酒、醤油、みりん・・・各大さじ2
  • 味の素・・・・・・・・2振り
  • ニンニク・・・・・・・1片

リュウジさんの『至高のハンバーグ』 手順

  • 玉ネギをみじん切りにする
  • 牛脂を細かく刻む
  • フライパンにバターを入れ溶かしていく
  • 玉ネギを投入し飴色になるまで炒めていく(火力は中火)
    ここで少し塩を振る。そうする事で浸透圧により、玉ネギが早く飴色になる(らしいっす
  • 挽き肉をボウルに入れ①を入れる
  • 飴色になった玉ネギを入れる
  • ゆっくりと丁寧に混ぜ合わせる。いい?ゆっくりと丁寧にです
    ※牛脂を挽き肉全体に行き渡らせるイメージで。そう、イメージ大事
  • 好みの大きさに分けていく。分けたらタネを上から下に投げ、空気を抜くようにする。1人キャッチボールね。わかっていると思うけど、落としたら全て終わり!
  • サラダ油を引いてフライパンを温める。その時に注意!火力は常に弱火と中火を行ったり来たりで。ゼラチンなどの影響により油断してると、すぐ焦げちゃいます
  • 温まったらバーグを投入。はやる気持ちをグッと我慢。1分程度したら裏面を覗いて、いい感じの色が付いてたら蓋をして中身に火を通していきましょう
  • 投入後3分程度でひっくり返す。大きく深呼吸。落ち着いていこー
  • きっと上手にひっくり返せたとして
  • 裏面にも焼き色を。焦げやすいので弱火でOK
  • 1分30秒程度火を入れ、そこに水を投入。蓋をして蒸し焼きにし、中にも火を入れていく
  • 5分程度蒸すと←な感じ。焼き加減を確かめる為、ここで楊枝を差す。あふれる肉汁に色があるようだと焼きがたりないので、もう少し火を入れる。透明になればOK
  • お皿に盛り付けたらソースを作っていく

ソース作り

盛り付け終わったフライパンに

  • 酒、醤油、みりん・・・各大さじ2
  • 味の素・・・・・・・・2振り

を投入し火をいれる。

お好みでニンニクをすりおろし、溶かし込んで熱を入れる

はい完成

誰です?『また茶色かよ』なんて呟いてるのは・・・。

『伸びしろ』だから!

リュウジさんの『至高のハンバーグ』 感想

がっつりとハンバーグを作ったのは初めてなのですが、なかなかおいしくできました。
ただ、もう少し火を入れても良かったかなぁなんて思いましたね。
中に火は通っているのですが、表面をもう少し焦がして香ばしくしても良かったと感じます。(焦がし過ぎるのを怖がりました・・・😆)

あと色ね、色。緑やら赤やらを入れて映えに関しても成長を見せて行こうと思っちょります!

ではでは、またお逢いしましょー(@^^)/~~~

本家、リュウジさんのレシピは↓↓↓こちらから

料理研究家が本気で作る「至高のハンバーグ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました