【オススメ】料理を作ってみて気付いた、お役立ち調理器具達 1

スポンサーリンク
オススメ

僕は約半年前、コロナの影響で料理を始めました。
それまでは包丁やらまな板やら鍋なんてのがあれば料理は簡単にできるでしょ、
なんて安易に考えていたのですが、いやいや、これが奥が深い。
味はもちろん、料理の手間を省いて、時間を短縮してくれる素晴らしい調理器具達がたくさんあります。
『これから料理を始めたい』とか
『包丁・まな板類はあるが、それ以外には何が必要?』なんて皆さんに
必ず役立つグッズなので、この機会に是非ご用意を。

キッチンスケール

キッチンスケール デジタルスケール クッキングスケール 【1年保証】【圧倒的な高評価レビュー4.31点!】 はかり デジタル キッチン 0.1g 0.01g 料理 おしゃれ 電子はかり 500g 3kg まで対応 電子計り 郵便物 トレイ付き 丸正 電子スケール TOKAI

価格:1,080円
(2020/11/17 21:10時点)
感想(1418件)

知ってます?キッチンスケール。
僕は料理始めるまで知らなかったです。
どう役立つかと言うと
料理のレシピって”g”での表記が多いんです。

例えば

◍豚バラ肉 100gとか
◍タマネギ 50gなんて。

『ねぇ、どう量るのよ』なんて思いません?
そんな時、
デレレテッテレー(ドラえもんぽく)
【キッチンスケール!!】

まぁ簡単に言うと”量り”ですわ。
物を乗せれば○○gなんてデジタル表記してくれます。

でもね、思いません?

『トレイに肉やら野菜やら、そのまま乗せるの??』なんて

料理初心者の僕は当時思いましたよ。

『スケール毎回洗うのめんどくせー』って。

いやいや違うの。このスケールちゃんのポテンシャルは。
ではでは、そんなスケール初体験さんたちに実例を上げて説明していきますね。

キッチンスケール使用例

レシピはこんな感じ
◍豚バラ肉・・・100g
◍バター・・・・ 20g
◍水・・・・・・200g
こんな料理ないけど例えばね。
で、これを1つの鍋に入れようってなったら

こうするわけ

  1. 電源をオン
  2. スケールに適当な鍋を乗せる
  3. ○○gって表記されるけど、無視して”T”ボタンを押す。
    この”T”ボタンてのが優れもので要は表示されている数値を0にしちゃうんです。キッチンスケールには必ず魔法のボタン”クリアボタン”が常備されていて、この商品の場合は”T”ボタンが”クリアボタン”になります。
  4. ↑で表記は0だから、当然肉を乗せれば肉の重さだけが表記される。
    肉100g乗せれたらOK
    で、再度”T”ボタンを押せば数値はリセット。
  5. わかってきたでしょ?そう、数値は0なんだから、そこにバターを20g乗せれば分量通りのバターを追加できるわけ。
    で、もちろんここでも”T”ボタンでリセットを。
  6. 最後に水を200g入れれば、はいレシピの通りの分量を簡単に鍋に入れることができるんです。簡単でしょ?
    あとは、この鍋を火にかければ何だか薄い、そして脂っこいスープができるので、絶対に再現はしないでください!

ね、使えると思いません?

料理を始めて、この商品を知った時、何とも言えない”カルチャーショック”みたいなものを感じましたね。
『世の中、便利になったねー』なんて
これはもう、お役立ち所ではなく料理をするなら必須で用意するものです。

フードプロセッサー(ミニ)

ぶんぶんチョッパー ( BBC-01 ) ふたも洗える スライサー みじん切り 手動 フードプロセッサー みじん切り器 スライサー フードプロセッサー 離乳食

価格:1,017円
(2020/11/18 20:50時点)
感想(4件)

続いては”フードプロセッサー”(ミニ)です。
これ、何に使えるかって言うと。

紐を引っ張ると食材をみじん切りしてくれる調理器具なんです。

料理では、食材をみじん切りする機会が多いのですが、これがあれば時短に大きく役立ってくれます。
特に僕は”ニンニクこそ正義”と捉えていて、何かとニンニクのみじん切りを多用するんです。(ショウガも・・・。) 


ではここで、想像してみて下さい。
小さなニンニクを包丁でみじん切りする様子を。

指、切るからね

料理初心者がニンニクのみじん切りなんて試みるとケガをします。
血が出ます。
料理、嫌いになっちゃいます。

料理は楽しいのに、やめちゃうなんて勿体ない。
だから、こんな便利なグッズはすぐに買っちゃいましょ。

ではでは、実例を挙げて

フードプロセッサー使用例

レシピを見ると

◍ニンニク・・・ 1片(みじん切り)
◍たまねぎ・・・1/4(みじん切り)

なんてのがあるんです。
こんな時は、”フードプロセッサー”

  1. 食材を容器に入れます。(本商品は小さめの商品なので大きさに合わせて使用をして下さい。玉ねぎは1/4がギリ程度です)
  2. 引っ張る紐があるんです。それを引っ張る。
  3. お好み、又は用途に応じて引っ張る回数を決める。
    粗みじんなら2・3回。細かくなら5・6回、なんて。
  4. もう、これだけで完成です。

早くない?

この快感を是非試して欲しい。

ぶっちゃけ僕は包丁でみじん切りするのが好きなので、たまにしか使いませんが、この速さの快感といったらたまらないですよ。
(そうなんです。包丁でやるみじん切りが遅いんです。だから余計にフードプロセッサーという文明の利器に驚くばかりです。あと・・・、包丁でみじん切りした時の、指に残る香りが好きだったりします。・・・変態・・・。)

どうです?試してみたいと思うでしょ?

ちょっと長くなってしまったので今回はこの辺で終わります。
料理も好きなのですが、調理器具も大好きなので、これからも色々と紹介できたらと思っています。

ではでは、またお逢いしましょー(@^^)/~~~


コメント

タイトルとURLをコピーしました